【簡単】就活の面接結果が『1週間以内に連絡が来ない時』の対処法

悩む就活生
就活生です。先日、とある企業の2次面接を受けて「1週間以内に連絡をします」と言われたのですが、連絡が来ないです。1週間以内に連絡が来ない時の対処法を教えてください。

 

今回は、こんな就活生のお悩みを解決します。

 

この記事でわかること

・就活の面接結果が『1週間以内に連絡が来ない時』の対処法
・就活の面接結果が『1週間以内に連絡が来ない理由』を理解セヨ

 

就活中、面接官の方から「1週間以内に連絡をします」と言われたにも関わらず、1週間以内に連絡が来ない時って超不安になりますよね。

 

そこで今回は、就活の面接結果が『1週間以内に連絡が来ない時』の対処法をご紹介していきます。

 

しっかりとメールの例文(テンプレート)もセットで解説しているので、この記事を読んで3分後くらいには失礼のないメールを送れているはず。

 

就活の面接結果が『1週間以内に連絡が来ない時』の対処法

就活の面接結果が『1週間以内に連絡が来ない時』の対処法

 

結論、メールなどで問い合わせてOKです。

 

前提:1分だけ「再確認」の時間を作るべし

 

まずは、1分だけ「待った」です。

おそらく、この記事を読んでいるあなたも下記の応募経路で就活を進めているはず。

 

  • 説明会→エントリー
  • 求人媒体→エントリー
  • 企業のHP→エントリー

 

上記の通り。

そのため、電話であったり、メールアドレスであったりなどで届く媒体が違うかもです。

 

なので、1分だけ時間を使いつつ、以下のチェック項目で再確認です。

 

  • 留守電にメッセージがないか
  • 迷惑メールフォルダに届いていないか
  • エントリーした媒体に結果通知が来ていないか

 

ちょっと面倒かもですが、必ずチェックしておきましょう。

というのも、もし既に通知がされているにも関わらず問い合わせをした場合、企業側から悪い印象を持たれる可能性があるからですね。

 

1週間以内に連絡が来ない時の対処法【テンプレ】

 

こちらがテンプレです。

内容を変更しつつ、参考にどうぞ。

 

件名:新卒採用の選考結果に関して【〇〇大学/鈴木太郎】

株式会社〇〇
人事部 △△様

お世話になっております。
〇〇大学□□学部の鈴木太郎と申します。

先日は貴重な面接の機会をいただき、誠にありがとうございました。

〇月〇日の面接の際にご案内いただきました時期を過ぎましたものの
結果をいただけておりませんでしたので、
大変恐れながら、結果をご教示いただきたくご連絡させていただきました。

もし入れ違いとなりました場合は、大変申し訳ございません。

私といたしましては、御社への志望度が高く、
もし通過の場合は、ぜひ次回の選考に進ませていただきたい思いですので、
良い結果をいただけそうでしたらありがたく存じます。

お手数をおかけしますが、ご返信いただけますと幸いです。

〇〇大学□□学部
鈴木 太郎
090-×××-××××
suzukitaro@××××

 

こんな感じですかね。

※注意点:祝日などがあれば営業日が短くなっており、聞いていたタイミングより結果が遅くなる可能性もありです。2〜3営業日を過ぎても連絡が来ないという場合に送りましょう。

 

就活の面接結果が『1週間以内に連絡が来ない理由』を理解セヨ

就活の面接結果が『1週間以内に連絡が来ない理由』を理解セヨ

 

面接結果を待っていると、モヤモヤするかもですが、企業側から『1週間以内に連絡が来ない理由』を知っておくと、よりストレスフリーに就活を進められるはずです。

 

  1. 相対的に就活生を評価している
  2. 通過している就活生に連絡をしている
  3. そもそも1週間以内に連絡などをしない

 

上の3つですね。

では、順に説明していきます。

 

①:相対的に就活生を評価している

 

新卒採用活動は長い企業で1年以上を通じて行なっているので、1次面接だけでも何十回〜何百回と開催されます。

そのため、あなたと他の就活生の評価は、相対的に評価されています。

 

相対的な評価とは

例えば、A評価が5人、B評価が15人、C評価が50人、というように、あらかじめ評価の枠を決めておき、そこに当てはめる形で成績を決定するという形式のことです。

 

あなた自身に合否をつける「絶対評価」ではないため、他の就活生とも面接をしなければ結果が出ないということになります。

 

「上位30人までが通過」という決め方をする企業もあれば、「下位10人のみお見送り」として足切りする企業もありますね。なので、面接結果がすぐに来るというわけではないということ。

 

②:通過している就活生に連絡をしている

 

当たり前ですが、企業側も優秀な就活生を「他の企業」に取られたくありませんからね。

なので、「1週間以内に連絡します」と言いつつも『3日くらい』で通過の連絡を受けている就活生がいることも事実です。

 

通過通知が早かった例

面接会場を出る際に呼び止められ、次回の面接の調整を行うパターンや特別な選考会への案内をされた、などなどです。

※注意:その企業を受けている就活生の中で「1位」になる必要はなしです。結局は内定を獲得することが目的なので、あまり深く気にしなくてOK。

 

③:そもそも1週間以内に連絡などをしない

 

企業によっては、お見送りの場合は「通知しない」というケースもありますね。

そのため、不安なら面接の最後に下記の質問を投げかけてもOK。

 

「本日の結果はいつ頃、どんな方法でご連絡いただけますでしょうか」

 

上記の通りですね。

「え、大丈夫なの?」と不安に思う就活生が多いかもですが、まったく問題なしですよ。

 

就活中はストレスが溜まりやすいです。だからこそ、できる限りストレスを減らしつつ、面接で自分の力を100%発揮できるようにしましょう。

 

おまけ:次回の面接の調整もお早めにどうぞ

 

もし、面接で「通過」の通知をいただけたら、次回の面接の調整もしておきましょう。

 

というのも、せっかく良い評価をもらっていても、どんどん他の就活生で面接の枠が埋まってしまうからですね。

 

人気企業であればあるほど、次回の面接の調整は早めに進めるべしです。

 

まとめ:就活の結果が『1週間以内に連絡が来ない時』は、連絡してOK

まとめ:就活の結果が『1週間以内に連絡が来ない時』は、連絡してOK

 

今回は、就活の面接結果が『1週間以内に連絡が来ない時』の対処法をご紹介しました。

 

結論として、1週間以内に連絡が来ない時はメールなどで問い合わせてしまってOK。

 

詳しいテンプレート文章などは、本記事の「1週間以内に連絡が来ない時の対処法【テンプレ】」を参考にしつつどうぞ。

 

就活中は、今まで以上にストレスなどが溜まりやすいです。

 

なので、1週間以内に連絡が来ないなどの問題は「問い合わせる」でわりと解決できたりするので、少し面倒かもですが行動してみましょう。

 

次の記事>>【就活攻略】おすすめのサイトをご紹介【優秀なサービスを厳選】